なぜ、行政書士試験に受からないのか?【4つの原因と対策】

「なぜ行政書士試験に何度も受からないのか?」
「何が原因なのか?その対策はあるのか? 」

行政書士試験に何度か落ちると、こんな疑問が頭に浮かびます。
今回はこのような悩みについて。

私も行政書士試験を一回で合格していないです。
なので、不合格通知を受け取った後はこんな疑問やら悩みでいっぱいでした。

私の経験から語ります。

スポンサーリンク

なぜ、行政書士試験に受からないのか?4つの原因

受からない理由として4つの原因があります。

  • ネットでの情報を信じている
  • 勉強時間の不足
  • 試験直前の過ごし方が悪い
  • 情報不足

当てはまるようなら注意です。
ちなみに、私が試験に落ちた年度はいくつか当てはまっていました。

ネットでの情報を信じてる

ネット検索は便利です。
でも、間違っている情報もたくさんあります。

そもそも行政書士試験を受験したことがないような人が、「合格するためには何か必要か?」みたいな記事を書いていたり…と。

「それは、違うでしょ?」という記事を目にします。おすすめの参考書、講座、勉強法、必要勉強時間など、情報の発信源を確認せずに信じてませんでしたか?

勉強時間の不足

行政書士試験が受からない理由で、一番多いのがこれです。
「勉強時間の不足」です。

実際のところ何時間勉強すれば、合格できるなんて根拠はどこにもありません。

よく、予備校のパンフレットで、合格までの勉強時間の目安が800時間とか、1000時間とか目にしますが、人によって全然違います。

勉強時間の不足は、努力不足です。

勉強時間、不足していませんでしたか?

試験直前の過ごし方が悪い

試験直前の勉強は、合否に大きく影響します。
人の記憶は時間がたつにつれて薄れていきますから、当然ですよね。

試験直前、本当に試験に合わせた生活ができてましたか?

情報不足

行政書士試験を受験するにあたって、情報不足は受かる可能性を低くします。

合格に必要な参考書や問題集は?
足切りにかからないための対策など。

合格するための情報収集を本当にしていましたか?

スポンサーリンク

行政書士試験に受かるには?対策について

行政書士試験に受かるための対策としては、まず原因の改善。

  • ネットでの情報は参考程度にする
  • 勉強時間を作り出す
  • 試験直前の時間を確保する
  • 合格のための情報収集をする

ネットでの情報は参考程度にする

特に信じてはいけないのは、「行政書士試験が簡単」だという点。
簡単ではないです。十分難しい難関試験です。

よく合格者が、「意外と簡単だった」とか、「数か月で受かった」という記事も目にしますが、これも信じてはいけません。

これは合格したから言えるのであって、合格すれば誰でも好きなことが言えます。

合格通知が届くまでは、油断は禁物です。

行政書士試験は、合格率が一桁の試験です。(近年は合格率10%ちょい)
9割の人は不合格になっています。

勉強時間を作り出す

「仕事が忙しくて勉強する時間がない」という言い訳をしていると、行政書士試験にはいつまでたっても受かりません。

勉強時間は作り出すものです。

私の場合は、スキマ時間を利用してテキストを読んでいました。
でも、ご存知の通り、行政書士のテキストは「分厚い」です。そして重いです。
持ち歩くには不便です。

では、どうしたかというと、カッターで切って数ページ単位にして持ち歩いてました。そうすることで、ちょっとした時間で勉強ができます。

試験直前の時間を確保する

試験直前は、勉強に専念できる状態にするべきです。
直前で覚えた知識は、試験に持ち込めます。

仕事をしてる方は、スケジュール調整が必須です。事前に終わらすことのできる仕事は、必ず終わらせておかないと後悔することになります。

合格のための情報収集をする

行政書士試験に合格するためには、テキストや過去問、足切り対策などの情報は必ず収取するようにしてください。

試験範囲等については、試験機関である「一般財団法人行政書士試験研究センター」でざっくりと発表されていますが、どの程度深く勉強するかは情報収集が必要です。

特に判例や会社法などは、完璧にやろうと思ったらキリがありません。

睡眠時間の確保

勉強する時間も大切ですが、睡眠時間も大切です。
毎日、ちゃんと睡眠時間をとらないと、勉強の効率がどんどん落ちてきます。

私の場合、勉強時間を削ってでも睡眠時間を確保してました。
その逆をやってしまうと、眠くて勉強どころではなくなってしまうので。

どんなに忙しくても、睡眠時間だけは削らないようにしましょう。

健康にも悪いですからね。

2つの選択肢で悩む人は勉強不足

これは、昔、受けた講義で聞いた言葉です。
行政書士ではなく、他の国家資格の講義でした。

択一問題の試験を受けた人は、「残り2つまでは絞れるんだけど~」と、よく言います。
でも、「2つの選択肢で悩むのは勉強不足な証拠」だということです。

だいぶ昔に受けた講義の言葉ですが、私が行政書士試験の勉強をする時は、いつもこの言葉が頭の中にありました。

行政書士試験の勉強で予想問題に取り組んでいる人は、残り2つに絞れるくらいじゃ、まだまだ勉強不足です。

行政書士試験は暗記ではなく「理解」の試験

行政書士試験は暗記だけで受かるようなものではありません。
理解して使いこなせるようにならないと不十分です。

近年の試験問題は、考えさせる問題が多く暗記だけでは対処できません。
暗記を中心とした勉強法で落ちるは多いです。

勉強には必ず絶対「六法」を使う!

行政書士試験は法律系の資格です。
なのに、「六法」を使わないで勉強する人がいます。

必ず、絶対に、六法は買うべきです!

合格している人が必ずやってる勉強法

問題を解く ⇒ 六法で条文を確認 ⇒ 問題に戻って確認
面倒くさいですが、効果は大です。

最近のテキストは条文が掲載されているので、必要ないと思う人も多いと思います。
でも、違うんです。

私も勉強を始めた当初、六法は使って無かったんですが、使い始めてからどんどんレベルがアップして、合格に近づいてきてるのが分かりました。

ぜひ試してみてください。

民法を勉強する際は、必ず図を書く習慣を!
登場人物が多かったり、権利関係が複雑だったり、ケアレスミスの原因にもなります。書かない人はダメです。

何度も行政書士試験が受からない人へ

勉強のやり方を変えるべきです。

テキストを中心に勉強をしてきたなら、過去問、予想問題を中心に。
問題を解くことを中心に勉強してきたなら、テキストを読むことを中心に。

勉強のやり方を変えたほうが合格につながります。

模擬試験は必要か?

勉強の一つとして模擬試験を受けることには、あまり意味を感じません。

しかし、試験に緊張しがちな人が、試験の状況に慣れておくという意味で模擬試験を受けることには、おおいに価値があります。

お金がかかりますが、本来の力を発揮できるなら安い出費です。

独学と予備校について

行政書士試験は、基本的なポイントを押さえれば十分独学が可能ですが、効率よく勉強するなら予備校がおすすめです。

受講費用が高いのが難点ですが、最短の期間で合格できます。行政書士の予備校としては、伊藤塾、Wセミナー、LEC、ユーキャン、TACなどが有名です。

どこの予備校がおすすめか?については、説明が長くなるので他の記事でまとめます。

まとめ

何度も受験しているのに、行政書士試験に受からないという人は、何らかの改善が必要です。勉強時間や情報分析、生活リズム、睡眠時間などなど…。

自分の問題点を見つけ改善すれば、合格は間近です。
行政書士試験は、ポイントを押さえて勉強に取り組めば必ず合格します。

不合格になった直後は、ショックで頭が整理できない状態です。(私も経験しました)

落ち着いたら自分と向き合って、原因と対策の検討を!

タイトルとURLをコピーしました