【相続】亡くなった人の「運転免許証」や「パスポート」は返却する必要がありますか?

相続・遺言
※記事内に広告が含まれる場合があります。

大切な人が亡くなったとき、残された「運転免許証」や「パスポート」をどうしたらいいのか悩みますよね。安易に処分できないですからね。

亡くなった人の運転免許証やパスポートはどうすればいいのか?
返却する必要があるのか?

こういった疑問について説明していきます。

記事後半では、最近、質問されることが多くなった「マイナンバーカード」や「印鑑証明カード」の返却についても説明します。

スポンサーリンク

亡くなった人の運転免許証やパスポートは返却する必要があるのか?

これらは、返却する必要があります。

運転免許証やパスポートなどは、公的な証明書類です。
期限が満了していない公的な証明書類は、基本的に返却する決まりになっています。

悪用される可能性がある

なぜ返却する決まりになっているのか?

それは、盗まれたり紛失したりした場合、運転免許証やパスポートを悪用される可能性があるからです。

運転免許証やパスポートは、本人確認書類としての信用度が高いですからね。悪用しようと思えばいくらでも使い道があります。

ドラマや映画で悪用するシーンを見たことがある人も多いのでは?

返却しない人も多い

私は行政書士として、お客さんには運転免許証やパスポートの返却をすすめていますが、聞くところによると、返却をしない人も多いそうです。

こういった証明書は、いつかは期限が切れて効力がなくなりますからね。失効すれば返却する必要がない。それまで失くさないようにすれば良い。という考えからですかね?

とはいえ、先ほど説明した理由から、犯罪に巻き込まれる可能性もありますからね。リスクを回避するためにも返却をおすすめします。

スポンサーリンク

亡くなった人の運転免許証やパスポートはどこへ返却すればいいのか?

運転免許証の場合は、最寄りの警察署で返却ができます。

その際に、亡くなった人の「死亡日」が確認できる書類を持っていきます。原本を提出する必要はないので、コピーしたもので大丈夫です。

パスポートの返却はどうすればいいのか?

パスポートについては、各都道府県の「パスポートセンター」で返却が可能です。

地域にもよりますが、昔は数少なかったパスポートセンターも数が増えましたよね。それほど大変な思いをしないで返却ができると思います。

「マイナンバーカード」や「印鑑証明書」の返却について

亡くなった方の「マイナンバーカード」は返却する必要があるのか?

最近、聞かれることが多くなりましたが、マイナンバーカードについては、特に返却は不要だということです。保管していて問題はありません。

ただ紛失してもいいことはないので、大切に保管しておきましょう。

「印鑑証明カード」の返却

印鑑証明カードは、運転免許証同様に返却する必要があります。印鑑証明カードを発行した市区町村役場へ返却しましょう。

相続が開始されると、市区町村役場へ行く機会も多いですからね。その際に印鑑証明カードの返却手続きも一緒にしてしまいましょう。

今回は、ここまでです。
読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた。