【行政書士・試験勉強】私が実践したモチベーションの回復方法【体験談】

こんにちは、ひろです。

行政書士試験に向けて勉強中です。最近どうしてもやる気がでません。勉強をやめたくて仕方がないです。モチベーションを回復させる方法はありますか?

行政書士試験の勉強は長期間にわたるため、こういった状態になってしまう人は少なくないと思います。

まさしく私がそうでした。

試験日まで数ヵ月とせまった夏の暑い時期に、モチベーションが下がってしまって、やる気がなくダラダラと時間だけが過ぎていく勉強をしていました。

その時に、私が実践した「モチベーションの回復方法」を、体験談を含めてご紹介します。

スポンサーリンク

行政書士の試験勉強を一時停止させる

いやいや勉強しても、モチベーションは下がる一方なので、とりあえず行政書士試験の勉強は一時停止させましょう。

無理に勉強を続けるとストレスとなるので、早い段階でやめるのがコツです。
勉強している最中にイライラし始めたら勉強ストップです。

行政書士の試験勉強に使っている教材は、すべて引き出しにしまって、視界に入らないようしましょう。

私は、段ボールのなかに教材を全部しまって部屋の隅に置きました。

行政書士試験の勉強って、基本テキストのほかに、過去問や六法、判例集など多く使います。
なので、机の上に教材がないだけでも、すっきりして少し気分が回復します。

行政書士試験のことは忘れて、自分の好きなことをやる

仕事の休みなどを利用して、映画鑑賞でもショッピングでも、美味しいものを食べに行くでも何でもいいので、自分の好きなことをやりましょう。いい気分転換になります。

できれば家の中ではなく、外出するのがおすすめです。
歩くことが適度な運動になるので、心も体もリフレッシュできます。

行政書士試験に関係することは、やったらダメです。
よくあるのが、参考書を買いに行くとか、試験日に使う筆記具や洋服を買いに行くとか、そんなことやっていては気分転換になりませんので注意です。

私は、映画鑑賞が好きなので、映画館へ行くのも含めて、好きな映画を見まくってました。
少し遠い映画館に、ドライブがてら行ったりもしてました。

仕事から帰っても勉強しない、休日も勉強しないという状態が、一週間くらいは続いたと思います。

「なぜ行政書士試験を受けることにしたのか?」動機を思い出す

ある程度、気分転換したらモチベーションを回復させます。

私の経験上、モチベーションの回復に一番効果があるのは、「なぜ行政書士試験を受けることにしたのか?」動機を思い出すことだと思います。

勉強することが大変なあまり、忘れがちになっている、この「動機」を再確認しましょう。

何の理由もなく、こんな面倒な試験を受ける人もいないでしょうから必ず何か大切な理由あるはずです。それと同時に、行政書士試験合格後に行政書士して活躍する姿も想像できれば効果大です。

行政書士の試験勉強は、得意科目の復習から再開させる

行政書士試験の勉強を再開させる場合には、得意科目の復習から入るのがベストです。

いきなり、まだ勉強してない新しい科目をやると、場合によっては、またやる気がなくので危険です。得意科目の復習をして、勉強する感覚を取り戻していきましょう。

行政書士試験「モチベーションの回復方法」まとめ

今回は、行政書士試験の勉強で、「やる気がでない」「勉強をやめたい」と感じたときの、モチベーションの回復方法について解説しました。

私がどうしてもやる気がでないとき、本記事のようにしてモチベーションを回復させました。人によって回復方法はいろいろあると思います。この記事を参考に、自分なりのモチベーション回復方法が見つけられれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました