難関資格ほど高収入だったのは昔の話【どの資格でも稼いでいる人はいる】

資格で独立開業したいけど、どの資格がおすすめかな?生活に困りたくないから稼げる資格を取得したい。資格は難関と言われるほど収入が高いものなの?

といった疑問に答えます。

資格取得には、お金も時間もかかります。
勉強を始めたら、後戻りはできないので、取得する資格を決める際は慎重に。

スポンサーリンク

難関試験ほど高収入だったのは昔の話

今では考えられないような、うらやましい時代がありました。。
この時代は、資格名の入った看板さえかかげておけば、お客さんが「先生、お願いします」といった感じで、バンバン仕事の依頼が来たそうです。

そして、この頃は、「報酬規定」が存在していて、依頼される内容によって報酬が決まってました。だから、お客さんさえ来れば高い報酬が期待できたので、収入もすごかったとか。

弁護士や司法書士などの難関資格の平均年収が、何千万と言われていた時代です。

しかし、この報酬規定はもうありません。弁護士も司法書士も、その他の士業も報酬は自由です。そうなってくると、価格競争が生まれます。

現在は、最難関と言われる弁護士でさえも高収入を得るのが難しかったり、それどころか就職するのさえ大変だということです。

資格の予備校のパンフレットに書かれている年収

ショッピングモールや本屋さんとかに、予備校が出している資格取得の無料パンフレットが置いてあると思います。手に取って見たことありますか?

そこには、司法書士の年収や、行政書士の年収が書かれています。
たしか、行政書士で平均年収600万円だったかな?

これらは、あくまで目安ですので、これを鵜呑みに資格取得に動いてはいけません

例えば、行政書士ですが、年収なんてピンキリです。
年収1,000万円以上稼ぐ先生もいれば、年収100万円以下という先生もいます。その平均が600万円ということです。

予備校のパンフレットは、「この資格を取得すれば年収600万円は稼げるよ」といった感じで書いてありますが、そんな簡単ではありません。

スポンサーリンク

取得する資格を難易度で選んではダメ

難易度と収入が比例しないのですから、難易度で資格を選ぶ時代は終わってます。なので、資格は本当に自分がやりたい仕事がどうかで選ぶべきです。

難易度で選んでも、仕事に対する報酬が低かったり、自分のやりたい仕事でなかったりでは、開業してもつまらないものになってしまいますから。それでは、資格で起業する意味がなくなってしまいます。

楽しい仕事は稼げる

やりたい仕事で資格業を始めると楽しいです。
仕事が楽しいと思えれば、自然と収入も高くなってきます。

稼げても、つまらない仕事は長続きしないです。

どの資格でも稼いでる人はいる

資格の難易度に関係なく、どの資格でも稼いでいる人は稼いでいます。上位5%は、びっくりするような年収です。

弁護士より難易度が低い行政書士も、年収1000万円を超えている人がゴロゴロいます。私の所属している支部にも何人かいます。

私と付き合いのある行政書士で、年収をざっくりと教えてくれた先生が何人かいますが、そのなかのトップは年収2,000万円越えてました。

資格の選び方

とにかく、情報収集です。
難易度で取得する資格を選んでも意味がない以上、情報収集して、自分に合う資格を探すしかありません。足りない情報で悩んでいても何も決まりませんから。

ネットでも、たくさんの情報が手に入りますが、最近では、Twitterや、Instagramなどで、開業している資格者の情報が手に入るので便利です。

興味のある資格を持って開業している人が、どんな生活をしているのかが分かったりするのでおすすめです。実際にやりとりしても面白いかもです。

無料相談会

実際に、資格を持っている人の働いている姿を見たり、話したりするのが一番分かりやすいと思うので、地元の各資格業の団体などが実施している無料相談会に行ってみるのもいいかもしれません

特に制限がなければ、資格取得についての相談にも乗ってもらえると思います。「そういった相談は遠慮してください」と言われたら素直に諦めて、大丈夫そうなら色々質問してみるのもためになると思います。

ちなみに、私は行政書士の無料相談会に参加したとき、宅建の資格を持っているということで、宅地建物取引士の資格の相談をされたことがあります。

答えることに特に問題はなかったので、私の経験を含めて知っている限りの宅建の説明をした覚えがあります。

まとめ

難関資格ほど高収入だったのは、報酬規定があった頃の話です。現在では、報酬規定もなくなり報酬は自由です。なので、資格業は昔と比べると稼ぎづらくなりました。

しかし、どの資格でも稼いでいる人は稼いでいます。取得する資格を選ぶ際は、難易度に関係なく「自分のやりたい仕事」で選ぶようにしましょう。

自分が楽しいと思える仕事をしていれば、どの資格で開業しても高収入になります。

タイトルとURLをコピーしました