行政書士補助者の求人募集が少ない理由【人手が欲しい時どうしているのか?】

こんにちは、ひろです。

行政書士試験に合格しました。どこかの行政書士事務所で、実務経験を積むため働きたいと思っています。あれこれと求人募集の情報を探しているのですが、数件しか見つかりませんでした。どうして行政書士補助者の求人募集は、こんなにも少ないのですか?

という疑問に、開業4年目の行政書士が答えます。

この記事を読んでいる方は、開業前に補助者として実務経験を積みたいと考えている方だと思います。

過去記事でふれましたが、私も同じ考えで、開業前に補助者の求人を探してました。私の経験が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

行政書士補助者の求人募集が少ない理由

私は、行政書士として4年弱生活してきました。
その間、いろいろな行政書士と知り合い、その事務所の運営を見てきました。

そういった経験から思う、行政書士補助者の求人募集が少ない理由としては、次の3つです。ほかにもあるかもしれませんが、これらの理由で補助者を雇おうとしない先生は多いです。

  • 補助者を雇いたいけど収入が安定しない
  • 補助者を育てる時間的な余裕がない
  • そもそも補助者を雇う気がない

それぞれ簡単に説明していきます。

補助者を雇いたいけど収入が安定しない

行政書士は単発業務が多いです。税理士や社会保険労務士みたいに「顧問料」で稼ぐといった方向にもっていきにくい資格です。ビジネスモデルが違います。

なので、補助者を雇いたいけど、収入が安定しないから雇わないという事務所もあります。

忙しい時期は、それなり収入があるので補助者を雇うことはできます。
でも、単発業務が多いので、いつ収入が下がるか分かりません。

そうなると、どんなに忙しくても、簡単に補助者を雇うという訳にはいかなくなります。

補助者を育てる時間的は余裕がない

補助者を育てるには時間がかかります。

行政書士試験の勉強は、実務からかけ離れているので、いくら行政書士試験に合格した人でも実務に関しては素人です。

なので、忙しいから補助者を雇いたいのに、補助者を雇ったら仕事を教えるのに時間がかかって、さらに忙しくなるという問題が発生します。

だからといって、仕事が少ない時期に雇って育てると、収入が少ないのに人件費がかかるという問題が出てきます。

そもそも補助者を雇う気がない

こういった事務所、意外と多いです。
時間やお金の問題ではなく、そもそも人を雇う気がないという事務所。

理由はいろいろあります。
例えば、職場の人間関係に疲れて行政書士で開業した人なんかは、自ら人を雇って人間関係を作るといったことはしないです。

その他にも、主婦をやりながらとか、サラリーマンをやりながらなど、副業的に行政書士事務所を運営している人は、人を雇うことはしないですからね。

人手が欲しい時は、家族や仲間の行政書士に応援を頼む

「補助者は雇わない、でも忙しくて人手が足りない」といった事はよくあります。上記のように、補助者を雇わない、または雇えない事務所は、そんな時どうするのか?

私の事務所なんかでも、よくやりますが、

  • 家族に手伝ってもらう
  • 仲間の行政書士に手伝ってもらう

だいたい、これで何とかなります。

家族に手伝ってもらう

ちょっとしたことは家族に頼むことができます。

頼めることは、専門知識が必要ではなく、かつ依頼人の個人情報にふれない雑用的なことのみになりますが、これが結構助かります。

仲間の行政書士に手伝ってもらう

普段から行政書士会の集まりに参加していると、仲のいい行政書士が増えていきます。

依頼が重なったりして人手が必要なときは、近隣の仲のいい先生に協力を頼むことができます。

最近だと、グループラインなどを使って、「〇〇の依頼です。誰か手伝ってくれませんか?」と書きこみするだけで、専門知識をもった優秀な人材が短時間で確保できます。

あまり実務経験にこだわらない方が良い

行政書士の資格で開業をする前に、実務経験を積みたいと思う気持ちはわかりますが、こだわりすぎると時間を無駄にします。

行政書士事務所の求人を何ヵ月も待つくらいなら、さっさと開業してしまったほうが、行政書士としての成長が早いです。

先輩行政書士は親切

実務経験なしで開業している行政書士は多いです。
むしろ、ほとんどの行政書士は実務未経験での開業です。

なので、自分も同じ苦労をしてきた経験があることから、基本的に新人行政書士に対してとても親切です。礼儀をもって質問すれば、丁寧に教えてくれます。

行政書士のほとんどが実務経験なしで開業しても、何とか食べていけてるのは、こうした先輩行政書士の親切によることが大きいです。

私も開業して間もない頃に先輩行政書士から助けられた経験があるので、新人行政書士からの問い合わせには、できる限り丁寧に教えるようにしています。

まとめ

行政書士事務所は個人で運営している人が多く、補助者を雇う費用の問題だったり、補助者を育てる時間的な問題だったりで、他の士業と比較しても補助者を雇う人が少ないのが現実です。

そもそも「人を雇う」ということを、考えていない事務所も多いです。

行政書士登録をするにあたり、補助者の求人を探している人も多いと思いますが、あまり実務経験にこだわりすぎると、時間を無駄にすることもあるので注意です。

「ひろらんぷ」では過去に、こんな記事も書いています。
≫【体験談】実務未経験でも行政書士の仕事はできる【不安なら実務講座を!】

タイトルとURLをコピーしました