【行政書士】開業について相談をするなら、開業経験者に相談するべき

こんにちは、ひろです。

学生時代に取得した行政書士の資格で、開業を考えています。友人や職場の先輩に相談したら、「絶対にやめたほうがいい」と反対されました。今の時代、行政書士の資格で開業するのは、そんなに難しいことなのでしょうか?教えてください。

といった疑問に答えます。

実は、私も開業前に同じような経験をしました。
その時の経験を思い出しながら話します。

スポンサーリンク

開業について相談をするなら、開業経験者に相談するべき

行政書士の資格で開業するにあたり、相談する相手を間違えてはダメです。
間違えると、いつまでたっても判断はできません。

開業について相談するなら、開業した経験がある人にするべきです。

友人や会社の先輩に、開業経験があるのであれば相談する価値はありますが、ないのであれば相談をしないほうがいいです。

開業については何も知らない素人ですし、根拠がない意見が多いです。
少しでもリスクがあると感じたら、あなたを心配して否定的な意見になります。

そうった意見で、開業を決断するは難しいです。
いつまでも、開業は先送りされます。

私の場合は…

開業前に、いろいろな人に相談している過程でそれに気が付きました。
そこで、開業経験のある人を探しました。

本当は、行政書士で独立開業した人の意見を聞きたかったのですが、あいにく開業前にそんな知り合いはいません。

諦めかけていたところで、とある事情から他士業の先生と知り合う機会があり、それとなく相談してみました。

結果として、開業する決心がつきました。
現在、開業5年目ですが、開業して良かったと思っています。

行政書士の資格だけでも食べてける

「今の時代、行政書士の資格だけで開業するのは難しいか?」という疑問について、開業5年目の立場から答えると…

そうでもないです。
充分に行政書士の資格だけでも食べていけます。

昔のように、資格さえ取得すれば安泰という時代ではなくなりましたが、営業やマーケティングを勉強して、正しく運営していけば生活していけます。

廃業する人が多いのも事実

とはいえ、行政書士は廃業率が高いのも事実です。

ただ、廃業していく人たちの中には、ホームページが無かったり、事務所の看板が無かったりと、積極的な営業活動をしていない人が多いのも事実です。

間違った方向で、行政書士事務所を経営していくと廃業しますが、正しい方向なら廃業することはないです。

まとめ

今回は、開業にあたり、それを相談する相手を間違えてはダメだという話をしました。

友人や会社の先輩や同僚は、相談はしやすいですが、開業に関しては何もしらない素人です。多少なりともリスクがあれば、開業に否定的です。

行政書士の資格で開業するかどうか悩んでいる人は、開業した経験のある人に相談するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました