【重要】行政書士として独立開業する心構え【プロ意識と責任を持つ】

質問者
質問者

行政書士として開業する予定です。
心構えなどがあれば教えてください。

という質問に答えます。

開業にあたり心構えをもつことは大切なことです。
実は、何の心構えがないままに開業する人が結構います。

行政書士は、ひと昔前と違い資格を取得しただけでは食べていけません。

今回は、行政書士として独立開業する心構えについてお話したいと思います。
行政書士業は、理想と現実の差がが大きいです。

スポンサーリンク

行政書士として開業する心構え

大切なのはプロ意識と責任を持つことです。

行政書士は、試験のために吸収した知識が、実務ではほとんど役に立ちません。
開業にあたり、実務の知識もない、経験もないという人は珍しくありません。

だからと言って、仕事での失敗が許されることはないです。

プロ意識をもって、取扱業務に関しては日々勉強し、関連情報を収集し、誠実に顧客の期待にこたえなくてはなりません。場合によっては、損害賠償請求される可能性もありますからね。

開業当初は思うように稼げない

責任を伴う重要な事柄を扱う仕事なので、依頼を受けるには『信用』が必要です。

国家資格ということで「行政書士」という名称にある程度の信用はありますが、やはり行政書士個人への信用が依頼に大きく影響します。

なので、開業したばかりで実績のない行政書士は信用がないので、思うようには稼げません。時間がかかります。

すべて一人でやる

開業したらすべて自分一人でやってく必要があります。
営業やマーケティングはもちろん、接客、電話対応などなど。

人を雇うこともできますが、売り上げの予定もないのに固定費を増やすのは、廃業する可能性を高くするだけなのでおすすめしません。

心構えがないのは「開業本」の影響

書店に行くと、行政書士の開業本が多く発売されています。
私も開業する前に、たくさん読みました。

たまに、この開業本に大きく影響されて開業する人がいます。
「開業本の通りに行動すれば成功する」と信じている人です。

行政書士としての成功は、いろいろな要素が関係しています。時代や地域、行政書士個人の能力や性格などです。そういった要素が、うまく混ざりあって成功という結果に結びつきます。

なので、真似をすれば必ずしも成功するとは限りません。まったく同じ行動をしても「こんなはずではなかった、、、」という状態になります。

開業本の情報は参考程度にしましょう。
鵜呑みはダメです。

ホームページを作れば成功できる

本気でそう思って開業してきた新人さんを知っています。
とある開業本に影響されたようです。尊敬する行政書士として、その本の著者をあげていました。

その開業本は、私も読んだことがあるのですが、ホームページが成功の秘訣というような感じで書いてある本です。

先ほども言いましたが、成功には時代や地域、行政書士個人の能力や性格が影響してきます。

その先生の時代には、行政書士がホームページを作るということ自体が珍しく、ネット上にライバルがほとんどいない状態でした。

しかし、現在では行政書士がホームページを作ることは珍しくありません。それどころか、ホームページを作ることが常識となりつつあります。

なので、開業本と同じことをやっても稼げません。

心構えがなければ開業しないほうが良い

顧客はもちろん、同業者にも迷惑をかける可能性がありますからね。

ちなみに、所属する行政書士会は、実務研修などは実施してくれますが、行政書士個人が食べていけるように面倒を見てくれる存在ではありません。

支部に所属している先輩行政書士も同じです。良い関係を築けば仕事で分からないことがあった時に教えてくれますが、教えることが当然という訳ではありません。

会社とは違います。
後輩を育てても、先輩行政書士にメリットはないですからね。

仕事のプレッシャーで胃が痛くなる話

少し話はそれますが、知っておいたほうがいいと思うので書いておきます。

行政書士業をやっていると胃が痛くなることがあります。
理由は、仕事のプレッシャーです。

  • この申請、顧客と約束した日までに通るかな、、、。
  • 書類に不備があったら、顧客に迷惑が、、、。

とか。「責任重大な仕事」や「慣れない仕事」ほど、プレッシャーで胃が痛くなる気がします。

みんな一緒だった

そんなある日の支部での懇親会で、プレッシャーで胃が痛くなることが話題に出ました。

聞いてみたら、多くの先生が同じような経験をしていました。
結局みんな一緒でした。

意外だったのは、私が尊敬しているベテランの先生が、今だにそんな経験しているということでした。その先生は、行政書士歴10年以上のベテランで、一人でとんでもない金額を売り上げている方です。

メンタルが強い方には関係ない話ですが、多くの方が同じような経験をすると思います。

まとめ

今回は、行政書士として開業開業する上での心構えについてお話しました。

しっかりと心構えをもった方が、行政書士業で成功する可能性が高くなると思います。
開業当初は何かと大変ですが、頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました