【行政書士】開業前の情報で信じないほうがいいこと【信憑性】

行政書士開業

今回は「開業前の情報で信じないほうがいいこと」について。

ネットで行政書士に関する情報を検索していると、行政書士の資格で生活していくのは無理だとか、年収が100万円以下とか様々な情報が出てきます。

こういった情報は信じて良いのか?
現役行政書士の立場から答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

行政書士の資格で生活していくのは無理なのか?

そんなことはありません。

行政書士の資格だけで生活している人はたくさんいます。独身の方も多いですが、しっかりと家族を養っている方も普通にいます。

行政書士の資格で廃業してしまった人や、その知り合いがネット上にそういった情報を書き込んでいるのかもしれませんが、そういったことはどの業界にもありますし一部の話です。

行政書士登録すると同業者の知り合いが増えます。
実際に登録して先輩行政書士と話をすれば、私の言っていることが真実だと分かると思います。

ちなみに、私もこの記事を書いている時点で、行政書士生活7年目ですからね。
十分に生活することは可能です。

スポンサーリンク

行政書士の年収に関する情報は本当なのか?

年収のデータ自体にウソはないと思います。
ただ、あまり気にしなくてもいい数字です。

こういった年収などの数字は、行政書士会が定期的に行っているアンケートに基づいたものです。

そのアンケートは強制ではないので、提出している人は一部です。
しかも自己申告で、特に裏付け資料の提出もありません。

なので信憑性が低いと言えます。

行政書士で生活していけるかは本人しだい

行政書士関連のブログによく書かれていると思いますが、本当に行政書士の資格で生活していけるかは本人しだいなんですよね。

これは、どの業界でも同じだと思います。
本人がどう行動するかで結果は全然違うものになってきます。

タイトルとURLをコピーしました