【行政書士】資格の予備校が表示している情報は本当なのか?

行政書士開業

「ウソ」というわけではないですが、個人的には少し盛っているような情報もあるので注意したほうがいいと思っています。

資格の予備校は、受講生を集めないと仕事になりませんからね。
仕方がない部分もあるとは思いますが、、、気を付けてください。

こういったところが出している情報は参考程度に読んで、その情報に基づいて行動に移すなら必ず自分で調べて裏付けをとってください。

知り合いに行政書士がいるなら、直接聞いてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

資格さえ取得すれば食べていけるのか?

資格の予備校によっては、行政書士の資格さえ取得すれば「将来安泰」のように誤解させるような文章を掲載しているところもあります。

今の時代、それはないですよね。
どの資格でも取得しただけでは食べていけません。行政書士も同じです。

そんな時代もありましたが、現在は難易度の高い弁護士ですら、そんな感覚で開業しては廃業してしまいます。

どの士業でも、自分で営業して仕事をとってこなければ食べてはいけません。

稼いでいる行政書士はいるのか?

厳しい話ばかり書くのもどうかと思うので、夢のある話もします。
行政書士の資格でも稼いでいる人は稼いでいます。

年収1,000万円以上稼いでいる人も珍しくありません。

私の事務所のある地域は、それほど都会でもないですが、それでも年収1,000万円以上稼ぐ先生は存在しています。

なんでもそうですが、やり方次第でいくらでも稼ぐことは可能です。

スポンサーリンク

行政書士は知名度が高い→信用につながる

資格の予備校によっては、行政書士という資格の知名度の高さをアピールして、受講生を集めようとしているところもあります。

これに関しては、信用していいと思います。
行政書士の資格は、士業の中では知名度が高いほうです。

昔、テレビで放送されたドラマ「カバチタレ」の影響が大きいのかもしれません。

知名度の高さは武器になる

知名度が高い資格は、仕事をするうえでとても有利です。初対面なのに「行政書士です」と挨拶するだけで、ある程度の信用してもらえるからです。

国が認めた資格は強いです。

ビジネスをするうえで「信用」は、とても重要ですからね。
実際に行政書士の資格で開業してみて、その点は実感しています。

タイトルとURLをコピーしました