【行政書士試験】集中力を3時間持続させる方法【合格体験より解説】

こんにちは、ひろです。

行政書士試験に挑戦しようと思っています。試験時間が3時間もあると聞きました。昔から集中力がなく、頑張っても1時間半くらいしか集中力がもちません。集中力を持続させる良い方法がありましたら教えてください。

という疑問に答えます。

実は、私もあまり集中力が持続するほうではありませんでした。
行政書士試験を受験するまでは、頑張っても2時間程度の集中力しかありませんでした。

今回は、そんな私が行政書士試験の3時間、集中力を持続させるために行った方法をご紹介します。

スポンサーリンク

行政書士試験「3時間」集中力を持続させる方法

次の2つを行えば、集中力を3時間持続させることができるようになります。

  • 3時間単位で勉強をする
  • 集中力が切れる原因を解決する

3時間単位で勉強をする

普段から3時間単位で勉強する習慣をつけると、集中力の持続時間がのびてきます。
コツは集中力が切れても、3時間たつまで勉強を続けることです。

最初2時間くらいで集中力が切れてしまう人でも、これを続けていけば「気づいたら3時間集中していた」という状態になれます。

  • 早起きして3時間勉強する
  • 仕事が終わってから3時間勉強する
  • 休日に3時間×2セットで勉強する

勉強にメリハリもつくので、おすすめです。

休日の試験勉強は、行政書士の試験時間である午後1時から午後4時までの時間で勉強すると効果的です。その時間帯に勉強する習慣をつけると、試験当日も自然と高い集中力を持続できる状態にもっていけます。(合格体験より)

集中力が切れる原因を解決する

集中力が切れるには、身体的な原因もあります。

よくあるのが、

  • 肩こり
  • ストレス
  • 眼精疲労
  • 仕事や家庭の悩み

といったものです。

これらが原因で集中できいという人は、まず問題を解決させることが集中力を維持させる近道です。

「我慢する!」
という方法もありまが、我慢しても悪化するばかりです。
根本的な解決方法を探しましょう。

仕事や家庭の悩みについては、自分で解決させていくしかないですが、そのほかの問題は次の方法でほとんど解決できます。

集中力を持続させるための食事と運動

食事と運動は、集中力を維持させるのに必要不可欠なものです。

上記に書いた、肩こりやストレス、眼精疲労なども、何らかの病気でない限りは、食生活を改善して適度な運動をすれば、ほとんど治ります。

行政書士の勉強期間に、私が行っていた食生活と運動について、簡単に説明します。

バランスの良い食生活

「どの食品に、どの栄養素が含まれていて、どのように体に良い」という感じで食事をとるのは大変なので、そこまで神経質にならなくていいと思います。

私の場合は、いろいろな物を食べるようにしてました。
とにかく、おかずの品目を増やすといった感じです。

様々な食品を意識して食べる。
意外とこれだけで、栄養の偏りが改善されて栄養バランスの良い食生活に近づきます。

日常生活に運動を取り入れる

仕事しながら行政書士試験の勉強をするのは、とても大変です。
そこに運動する時間を新たに設けて加えると、場合によっては体調を崩します。

そこで、私は日常生活に運動を取り入れていました。

具体的にいうと、

  • エレベーターを使わないで階段を使う
  • 車を使わないで自転車で移動する
  • 最寄り駅から少し遠回りして帰宅する

といった感じです。

試験勉強がメインなので、運動はこれだけ十分です。私は肩こりが酷かったのですが、日常生活に運動を取り入れるようになってから、かなり改善されました。

まとめ

今回は、行政書士試験の「3時間」集中力を持続させる方法について解説しました。
集中力を持続させるには、普段から3時間単位で勉強する習慣をつけたり、集中力が切れる原因を改善したりするなどの対策が必要です。

高い集中力を3時間持続できるようになると、試験問題を解くスピードが格段に上がります。
集中するのが苦手だという人は、今回の記事をぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました