【行政書士の選び方】口コミ情報から行政書士を探す【信憑性】

こんにちは、ひろです。

株式会社の設立を考えている人「自分で手続きをするのは大変なので、行政書士に依頼しようと思っています。どのように行政書士を探せばいいでしょうか?」

という疑問に答えます。

行政書士の選び方のひとつに「口コミ情報」で判断する方法があります。様々なサイトで掲載されている口コミ情報。それらを見る際の注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

口コミ情報から行政書士を選ぶ

あなたがネットショッピングで何かの商品を購入しようとする時、その商品を購入した人が書いた「口コミ」を見ると思います。

行政書士を探す場合も同じように、ネット上に掲載されている口コミ情報から自分に合った行政書士を探すことができます。

次の2箇所で口コミが掲載されている場合が多いです。

  • 行政書士の検索サイト
  • 各行政書士事務所のホームページ

どちらも、その行政書士事務所に仕事を依頼した人が、どのような依頼でどのような対応だったのかを詳しく書いて掲載しています。

口コミの信憑性

正直なところ、微妙なサイトもあります。口コミはあくまで目安であって、基本的に鵜呑みにしてはダメです。

口コミは、ニックネームで掲載されていることがあります。そのような口コミは、関係者が書こうと思えば書けてしまいます。また、その行政書士事務所に恨みがある人が、嫌がらせで口コミしている可能性もあります。

どちらにしても、真実ではない場合があるので注意です。

依頼人が口コミを書いてることもある

依頼人がブログやTwitterなどをやっていて、依頼内容や事務所の対応を詳細に書いている場合もあります。

ブログで氏名や顔写真を公開している人が、具体的口コミを書いていたら、信憑性は高いですよね。

依頼を検討している人は、その事務所の名前をネット検索してみて、何らかの情報がないか事前に確認してみるのもいいかもしれません。

運営会社によっては信憑性が高い

自分にあった行政書士を探すことができる「行政書士検索サイト」がいくつかあります。運営会社によっては、そのサイトの口コミは信用できます。

各行政書士事務所が、自分の事務所へ対する口コミを操作できないように、運営会社がちゃんと管理していれば信憑性は高まります。

「お客様の声」について

口コミと似た感じのものに「お客様の声」があります。

これは、その行政書士事務所が、依頼人から許可をもらって事務所のホームページなどに掲載しているもので、実際に仕事を依頼したお客さんの感想などが書かれています。

会社名や氏名、顔写真、自筆のアンケート用紙の画像などが掲載されることが多く、匿名性の高い口コミサイトよりも信憑性があります。

行政書士を選ぶ際は、このお客様の声を判断基準にしてもいいと思います。このお客様の声については、別の記事にて詳細に解説したいと思っています。

まとめ

今回は、行政書士の選び方として「口コミ情報」について取り上げました。

口コミ情報には、信憑性があるものと、ないものがあります。口コミ情報をもとに、行政書士を選ぶ際は、裏づけのない口コミ情報はあくまで目安に。信憑性がある情報だけを判断材料にしてください。

タイトルとURLをコピーしました