暗記で行政書士試験合格は無理です【その理由と対策】

こんにちは、行政書士のひろです。
今回は行政書士試験の勉強法についてです。

何度も試験に落ちているという人は、勉強のやり方が間違っているのかもしれません。
「暗記に頼った勉強をしていませんか?」

ひと昔の行政書士試験なら、それでも合格できたのかもしれませんが、現在の試験では暗記で行政書士試験合格は無理です。

それでは、その理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

暗記で行政書士試験合格は無理

先ほども書きましたが、行政書士試験は「暗記」に頼った勉強法では対応できません。勉強のやり方を変えないと今後の合格も難しくなります。

理由としては、行政書士試験は暗記の試験ではなく、受験者に考えさせる思考型の試験だからです。

暗記は、書いてあることをそのまま覚えているだけなので応用がききません。ちょっとひねった問題を出されただけで答えにたどり着けなくなります。

暗記で何とかなると思っていた人や、暗記中心の勉強がクセになっている人は、この記事を読んだのをキッカケに勉強法を変えてみてください。

暗記に頼らない行政書士試験勉強法

「暗記に頼らないで勉強するにはどうしたらいいか?」
答えは簡単で、理解する勉強法に変えればいいのです。

基本テキストや六法を読む時、過去問題を解くときも全て「どうしてこうなるのか?」と自分に説明させながら読んでいくのです。そうすることで、暗記ではなく理解という形で自然と頭に入っていきます。

理解した内容は、暗記で覚えたときよりも忘れづらく、応用のきく知識として行政書士試験の強い味方となります。

私自身も、暗記に頼っていた不合格時代があったのですが、理解する勉強法に変えたことで合格を手にすることができました。

基本テキストは一冊にしぼる

理解するための勉強法で、大切なことをお話しします。それは、基本となるテキスト一冊にしぼることです。そうすることで、さらに自然に知識を詰め込むことができます。

基本テキストを何冊も買ってしまう受験生がいますが、それは間違い。いろいろな基本テキストを使っていると知識が混ざります。その結果、理解した内容に自信が持てなくなり、間違った選択肢を選んでしまうことになりかねません。

基本テキストは、LECやTAC、ユーキャンなど、行政書士試験の有名予備校が出版しているものであれば内容的には問題ありません。書店などで自分に合ったもの探しましょう。

私おすすめの、というか、私が使って独学で合格した基本テキストは、いずれこのブログで紹介します。本だけ紹介しても・・・使い方が重要だったりするので。

過去問、予想問題中心の勉強

暗記を中心とした勉強法がクセになっているという人は、過去問や予想問題を中心とした勉強法に切り替えるといいです。

そうすることで、自然と考える力が身に付きます。基本テキストを中心に勉強すると、どうしても無意識に「覚えよう」としてしまって暗記中心になります。

注意点としては、過去問はなるべく新しい年度のものを繰り返して、予想問題はなるべく出版社を変えて様々な問題を解くといった感じです。予想問題は有名な行政書士試験の予備校が出版してるものがいいです。

予想問題を活用する

ちなみに、行政書士試験で予想問題を活用しない人がいますが、絶対に活用するべきです。私は、ある程度基本書と過去問をやった段階で、予想問題にとりかかってました。

過去問もそうなんですが、何度も解いているうちにページを見ただけで、読まなくても答え分かりません?ページの雰囲気で答えを覚えてしまっている感じです。

そうなってくると、本当に自分が理解しているのか?単に答えを覚えているだけで、理解はしていないんじゃないか?など自分の記憶が信用できなくなります。予想問題を活用していない人は、一度使ってみてください。

勉強時間は作り出すもの

「忙しくて勉強する時間がない」という人は、基本的に合格までの道のりが長くなります。勉強時間は作り出すものです。

私は働きながら行政書士試験に挑戦しましたが、勉強時間の3分の1は「こま切れの時間」を利用したものでした。どうしても勉強時間を確保できなかったので。

テキストを数ページごとに切って、少し空いた時間に目を通したり、寝る前やトイレの時間なども利用していました。大変そうに聞こえますが、机で勉強していた頃より勉強がはかどっていたので言うほど苦痛ではないです。

忙しいを理由に勉強しないのではなく、どうすれば勉強時間を作り出せるか?自分の生活リズムを考えてみましょう。

とにかく毎日繰り返す

人間はせっかく理解した内容も、時間がたつと忘れてしまいます。なので、勉強は毎日の繰り返しが何よりも重要です。暗記で対応しがちな内容も、毎日繰り返して目にするうちに自然と頭に入ってきます。

理解して自然と頭に入ってきた知識は、これまた自然と使えるようになるので、過去問などの問題を解くときに重宝します。

紙に書いたりして無理やり頭に詰め込んだ暗記の知識では、こうも便利には使えません。暗記するのではなく理解です。

まとめ

行政書士試験は、ひと昔前の試験のように暗記では対処できなくなっています。合格するなら理解が大切です。

無理に覚えようとせず、毎日繰り返せば自然と頭に入ってきます。暗記のように無理やりな記憶は使えないので覚えるだけ無駄です。

また、理解する勉強法は、毎日勉強する時間を作りだすことも重要です。時間を作り出すことは、生活リズムを変える場合もあるので最初は大変ですが、すぐに慣れます。

それを続ければ、試験に合格する力は必ずつきます。私自身の経験から自信をもっておすすめします。

タイトルとURLをコピーしました